> 首页 忍之暗部 火影忍者602假情报

忍之暗部

火影忍者602假情报

时间:2013-01-07 我要评论

大蛇和佐助 他们来到了佐助曾经熟悉的地方----宇智波秘密基地,佐助要求大蛇丸解开一个封印?然后把卷轴交给了大蛇。大蛇:你确定?以你现在对这个世界的了解你能给他们带来什么?佐助:何为自己?何为忍者?何为族人?我已有所觉悟,现在的我,可以改变任何人,何况是亲人!真相,既然这是战争所致,那么我要以牙还牙的方式摧毁这个肮脏的东西!大蛇:难怪你小子想与我合作!这一箭双雕的做法倒很符合你的现实。那么,这群人出来后,我们就是第三方阵营,佐助,以你的意思,我们这股新势力是为谁存在呢?佐助:先看看木叶那边吧。画面转向带土的回忆:回忆自己与老师(自己与4代火影交手时的画面)有提到,自己是被斑的写轮眼控制下进入木叶结界的,不然是不可能知道这个结界暗号的!最后一页:大蛇打开卷轴,结印:开!曾经的强者一族,最熟悉的陌生人出现了!

ナルト第602话「オビトの过去」の未确定ネタバレです。

ナルト602话「火影の意志」オビト回想シーンからはじまるオビト 「あなたは・・・・?」老人  「・・・・・・・・・」「うちはマダラと呼ばれていた、かつてはな」オビト  「うちはマダラ・・!?」「终末の谷のマダラですか!?そんなはずは・・・」老人 「いずれ分かる。お前の体のこともな」オビト(・・・・・・・・・???)(そういえば、なんで俺はまだ生きているんだ・・・・)しかし朦胧とした意识の中、そのまま眠りに落ちてしまう。 翌日。たった1日しかたっていないにも関わらず、伤のかなりの部分がすでに回复していた。痛みは続いているものの、歩くことさえできることに惊きとまどうオビト。しかし伤は治ってもなぜか右半身には违和感がつきまとい、胜手に腕や足が动いたりすることもある。それどころか、自分の中に自分ではない谁かがいるような感覚さえあった。そこに再び现れた老人。后ろには白ゼツを引き连れていた。老人「治りの早さに惊いたか」オビト「!」「何をしたんですか!?」「确かに伤の调子はいいですけど・・・なんか违和感が・・」老人は白ゼツを绍介しながら话す     

「こいつは初代火影の细胞から作った生命体だ」    

「お前の体にこれを埋め込んだ」オビト 「初代火影・・・生命体・・・?」    

「う、うめ込んだ?」とまどい、そして怒りはじめるオビト。老人  「ほっといて死んだ方がよかったのか?」    

「感谢はされても责められる言われはないぞ」     

「・・・・・・・・・・・・・」何も言い返せないオビト老人  「违和感の正体はこいつだ、生命体だからな」    

「脳まで修复したから意识にもかなり影响が出るだろうが、じきに惯れるだろう」右半身の违和感をより强く意识してしまうオビト。 老人  「そんなことより、お前に见せるものがある」老人の眼に万华镜写轮眼が浮かぶ。黒い中心に三つの玉、老人はやはりうちはマダラだった。幻术にかけられるオビト。彼は若かりしマダラがいた终末の谷へとタイムスリップする。オビト(ここは・・・・・!?)これから彼は木の叶の裏の歴史を目撃することになる。 ここでオビトの回想はいったん终わり、カカシとガイとの戦闘がはじまる。チャクラの大半を使い果たしてスタミナ切れのカカシはほとんど动けないのでガイが积极的に攻めていく。しかしオビトは时空间忍术を駆使して攻撃を避け続け、一向にダメージを与えることができない。ガイ 「くそっ・・术の正体が分かってもこれは厄介だな・・」ここでオビトはへばってるカカシを容赦なく攻め立てる。カカシ(なぜ・・・・・なぜだオビト・・・・)カカシはまだ纳得できてない様子。あきらかな杀意をもった攻撃に悲しそうな表情を浮かべる。そんなことなどおかまいなしに次々に术を仕挂けていくオビト。火遁だけでなく、雷遁や风遁も操る上にそれぞれがかなり高いレベルにあり、少しずつカカシたちにダメージが蓄积していく。焦る二人。 场面変わり、纲手サイド分裂したカツユが影たちを纲手のもとに集める。カツユ 「纲手様!!时间がありません、早くご自身の治疗を!」纲手  「・・・・・・」濒死の纲手、震える手で印を结ぶ纲手  「・・创造再生の・・术・・」额のチャクラを解放すると同时に、影たちを眩しい光が包む・・・カツユ 「纲手さま!!!」全てのチャクラを使い果たした纲手は额の印が消え、体もしわしわになってしまう。   

「お前には・・・本当に世话になった・・」    

「次の世代の者を・・・頼むぞ・・・・・・・」シズネやサクラ、医疗忍术を勉强するアカデミーの生徒达の颜が浮かび、そして纲手は息を引き取った。 そしてナルトサイドへナルトと八尾たちはカカシと违ってやる気まんまんだったが、圧倒的な力をもつマダラの前に攻めあぐねていた。マダラのもつ扇は六道仙人の5つの神具のひとつ、琥珀浄瓶というものでエネルギーを自在に吸収・放出することができた。尾獣玉も螺旋丸もこの武器の前には効果はなく、逆に跳ね返されてしまう。ナルト 「あの武器・・・厄介だってばよ」肉弾戦しかマダラを倒す方法はない・・・ここでビーが动きを见せる。ビー 「出番だぜ~イエー♪」   「うちはマダラも汗ダラダラ♪」鲛肌 「ギャギャギギイィーー!!」ついにビーと鲛肌のコンビが登场!次周、マダラと激突!!!

 

对 《火影忍者》 说点什么吧?

最有用的评论 最新评论
我来说两句

最新动画

更多
更新时间:1970-01-01

最新漫画

更多
更新时间:1970-01-01